三東ロゴ
ホーム お問い合わせ サイトマップ

WWW を検索 SANTO内を検索
5 4 3 1
会社情報   事業内容   IR情報   技術   現場作品集   SANTOニュース
2
 
5
TRD工法
6
JST工法
4
FAM工法
2
コラム21工法
3
管推進工法
1
SPR工法
6
法面緑化工法
6
住宅地盤改良工法
6
住宅矯正工法
17
住宅地盤改良工法トップへ
 
  fam
調整 調整  
   
工法概要
   
支持層まで小口径管φ76.3mm~φ318.5mmを回転貫入して支持力を作る工法です。
調整
施工事例  
調整  
・一般的に2.0m~10m程度の軟弱地盤あるいは地滑りの危険のある場所に多く採用されています。
・水や固化材を使用しないため、設備が少なくて済みます。
調整
住宅地盤
調整
1建込   2貫入   3接続   4貫入完了
杭先端を杭芯にセットし、 振動装置で固定後、杭の 鉛直を確認する   杭を正転(右回転)させ、翼の推進力で杭を貫入する。  
下杭を埋設後、2~3本目を溶接にて接続する。
 
②と同様に貫入し、所定の深度まで貫入させ打ち止めとしキャップを外し、施工完了
               
12 右矢 13 右矢 14 右矢 1516
調整
このページのトップへ

モニュメント      
     
サイトマップ 個人情報保護方針 サイトのご利用について