現場ではチームワークが重要
見えない部分にもこだわりを持つ

建築工事部上田 亮Ryo Ueda2018年入社

仕事内容

建築工事現場の施工管理で、所長のサポートが中心となっています。現場の品質、安全対策など目に見える部分で不具合がないか、必要な調整と対応を日々行っています。現在、建築施工管理技士の資格取得のため、勉強中です。

仕事のモットー・やりがい

「やるときは、やる」というメリハリをつけて仕事をするようにしています。人と人との関係性で現場が進んでいきますので、コミュニケーションの質を高めることを意識しています。
いつも指導していただく上司が「目に見えないところもしっかりやる」というポリシーを持って仕事をされています。たとえば、現場の施工時の一工夫で雨漏りのリスクを回避できる場合があります。こうした表に見えない部分に配慮するという仕事の奥深さを垣間見たとき、自分も早くこの仕事で一人前になりたいと感じています。

職場の雰囲気

図面に表現しきれないところでも、経験と知識を活かして現場を収めていくという文化が根付いていると感じています。建築現場の規模にもよりますが、チームで仕事をすることの大切さを感じます。チームワークを良好に保ち、効率よく進められていると思います。

MESSAGE学生へのメッセージ

現場管理の仕方によって、建築物の仕上がりが異なるということもこの仕事の醍醐味だと思います。時には厳しい局面もありますが、経験を積み上げていける仕事です。完成現場を無事引き渡しできたときの達成感と開放感は何物にも代え難いものです。

TOPに戻る

Translate »